記事一覧

は・じ・め・て・のっ、 メカトロウィーゴ

師(※)曰く、「塗装とは質感の表現である」と。金属製のおもちゃを表現せんとするならば、深く掘り、金属色(つやつや黒からの、ガイアExシルバー)に染め、かる~く、ウィーゴカラーうすみどり、で、ご満悦\(^o^)/。 謝。(※)長谷川迷人...

続きを読む

9MC #百錬で百錬 その4

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」 に登場した機体です。塗装やデカール、オーバーコート法はなるべく統一して、工作の違いがどれほど見映えに反映されるかを実証するための実験的作品群です。 (一部未完成)その4 は設定画に近づける方向でパーツ形状にまで手を加えています。残念ながら完成には至りませんでしたが、雰囲気は感じて頂けるかと思います。顔・肩アーマー・胸・大腿が主な変更箇所ですが、今後は全体の...

続きを読む

9MC #百錬で百錬 その3

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」 に登場した機体です。塗装やオーバーコートの方法はなるべく統一して、工作の違いがどれほど完成後の見映えに反映されるかを検証するための実験的作品群です。 (一部未完成)その3 は有名モデラー諸氏のテクニックを まね 参考にしてディテールアップを施したものです。膨大な時間とビール(笑)が消費されています。肩〜体幹あたりの情報量が増えているのを感じてもらえたら嬉しい...

続きを読む

9MC #百錬で百錬 その2

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」 に登場した機体です。塗装やオーバーコートの方法はなるべく統一して、工作の違いがどれほど完成後の見映えに反映されるかを検証するための実験的作品群です。 (一部未完成)その2 はゲート処理、ヒケ処理、合わせ目消し等のいわゆる「基本工作」を施しました。サーフェイサーにて下地を仕上げた後は、その1と同様の塗装・デカール・オーバーコートを行いました。工作の面で言うと...

続きを読む

9MC #百錬で百錬 その1

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」 に登場した機体です。塗装やオーバーコートの方法はなるべく統一して、工作の違いがどれほど完成後の見映えに反映されるかを検証するための実験的作品群です。 (一部未完成)その1 はパーツを接着、塗装して完成させた作品です。ゲート処理、ヒケ処理、合わせ目消し なし。サーフェイサー なし。ラッカー系エアブラシ塗装 → デカール → クレオスウェザリングカラーでスミ入れ...

続きを読む

9MC参加表明!

地元熊本で展示会が開催されるとのことで、せっかくなので参加しようと思います。(3月は見にも行けなかったのだ)ちょうど、 #百錬で百錬 と勝手にハッシュタグを設定し、同じキットをいろんな表現(仕上げ)で「完成」させて、違いを確認しようと作製をはじめましたので、展示会という〆切を設けることができるというメリットもあります。今のとこ、4つの完成形を並べる目標ですが、3つになるかも知れません。比較用にパチ組...

続きを読む

百錬で百錬 その1 ~何も足さない、何も引かない~

  その1 レシピ・ゲートはニッパー(タミヤ薄刃)一発切り。ゲート処理なし。・パーツ割れ対策に「受け」をカットまたはドリルで拡大。 ・タミヤ白瓶・緑瓶で接着。 ・クリップで挟んで(外装パーツはティッシュで傷つき防止)放置。 合せ目を消す場合、「ヒケ」て後日合せ目が出現することがあるので、数週間~数年間!放置しますが、今回は合せ目処理しませんので数時間~数日で可。 んで、こんな感...

続きを読む

百錬で百錬

ぜんぜん復活できておりませんが・・・。「完成への処方箋」として鉄血のオルフェンズより「百錬」に登場してもらいました。 なぜ「百錬」か?選考基準は3つ。1.「ガンプラ」であること。2.思い入れのない機体であること。2.安いこと。1.「ガンプラ」修練のためなので、同じフォーマットの「ガンプラ」がいい。2.思い入れのない機体なら、変な先入観・こだわりがないため、「完成」に行き着きやすい。3.いろんな...

続きを読む

冬眠?

HGUCジオリジン旧ザク、twitterにアップしながら、いい感じで進んでいたのですが、スキーシーズンインと共に冬眠・・・桜が散った後も眠り続けています・・・。目覚めよ!し~ん。てなわけで、復活準備中(?)。...

続きを読む

表面処理について ~続編~

実際のパーツではどうか? というわけで、 「ザクシールド」登場。同じく3mmドリル先端でつけた窪みを埋めてます。左から、ウェーブ瞬着「×3S」、タミヤ「ホワイトパテ」、Mr.ホビー「Mr.ホワイトパテR」、フィニッシャーズ「ラッカーパテ」です。#800までのサンディングを行い、NAZKAメカサフライトを、今度は薄がけ。結果は同様でした。タミヤ、フィニッシャーズはサフを吸ってしまっているのかな? コントラストの差が出て...

続きを読む

表面処理について ~ちょっと実験~

お久しぶりの更新です。 (1年以上ぶり・・・)最近 長谷川迷人の ライブ配信録画をだらだら流しながら作業するのにハマってます。小学生の頃、友達と一緒にワイワイ言いながらプラモ作ってたのを思い出します。迷人みたいな、指導的 「お兄さん」 がいたら上手になってただろうになぁ、とか想像してしまいます。ただいま、ジ・オリジン 旧ザク(1/144)つくってますが、いまさらながら表面処理にトラブってます。どういうこ...

続きを読む

カッティングマットA3

きました、「タミヤ カッティングマット A3」。うわさ通りゴムくさい・・・。いろんなラインが入っていて工作意欲が高まります!(?)今までは100均の小さいやつのみで不都合ありませんでした。んが、最近プラ板の切り出し作業が続き、急に狭く感じるようになり購入しました。工作はほぼカッティングマット上でやりますので、瞬着やパテがくっついて結構デコボコしてくるんですよねぇー。普段は100均のマットと併用必須ですな、...

続きを読む

HGUCギラドーガ その3

いきなり展示状態。プロに撮っていただいたありがたい写真です。「ギラ・ドーガまで!?」(byアムロ)と題して、裏切り?のギラドーガを表現したつもりなんですがどうでしょう。・・・もちろん「逆襲のシャア」は皆さん見てますよね?画像、勝手に使ったらダメでしょうけど、映画の宣伝になるからいいかな?シャア総帥が地球に落とそうとしているアクシズを連邦と一緒に押し返してしまうという、ネオジオンとしてあるまじき行為。こ...

続きを読む

FMS2

 行ってきました、FMS2。  前回は徹夜で無理やり塗り上げたギャン改が、設営時にはプンプン臭ってましたが、今回は前日までにはしっかり仕上げていたので大丈夫でした。 (ギャンの後ろに写っている黒いのは、"あの"マラサイ?) 正直、前回同様に皆さんの作品がすごすぎて場違い感を感じまくりでしたが、いろんな方とお話も出来て本当に楽しく過ごせて感謝です。 つか、このブログ、FMS1のあと更新初めて!? ギャンの作製...

続きを読む

MGギャン その1

F.M.S.展示会、本当に楽しい時間をすごさせて頂きました。自分の作品を直接人に見てもらうのは初めての経験でしたのでドキドキでした。(ブログはほとんど井戸に向かってしゃべっている感じでやってましたので・・・)展示された作品のレベルの高さは想像のはるか上をいっており、かなりインスパイアされちゃいました。恥ずかしいのとコワいので、自分の作品の近くにはほとんど居られませんでした・・・。感想なんかもほとんど聞け...

続きを読む